株に失敗してしまう男性

投資って向き不向きがあって、その中でも投資で失敗してしまう人には共通点があるようなのです。そこで、投資で失敗しないコツや投資を始める上でのポイントについてまとめてみました。ご紹介いたします。

投資したお金の製造原価報告書を介した減価償却の方法

減価償却とは設備などまとまったお金を投資したときに、そのお金を一定の期間に分割して費用として計上する仕組みのことで、対象となるのは十万円以上の物で、償却資産と呼ばれています。
投資で連想される設備や建物などといった費用の負担が大きいものだけでなく、十万円以上であればパソコンも該当しますし、パソコンに使われるソフトウェアなどといった形が無い物についても該当することになります。
また、土地や借地権などに関しては時間の経過によって価値が減っていく物ではないため十万円以上であっても償却資産には該当しません。
土地や借地権などは非償却資産といい、人件費についても、これに該当しますが、派遣で働いている人の賃金については変動費として扱われます。
今現在は十万円以上かどうかで区分けされていますが、これは国策によって変動するため、過去は二十万円以上がどうかで区分けされていた時期もありました。
ノートパソコンについては十万円以上であることが一般的なため償却資産に該当します。
しかし近頃流行しているネットブックなどといった十万円以下の機器については該当しないため、文房具などと同様に全額をその決算期に費用として計上します。
減価償却費が発生する場所によって決算書類の計上区分が異なります。
工場で減価償却費が発生した場合は、いったん製造原価報告書の経費として計上されて製造原価として扱われます。
その製造原価は損益計算書という財務諸表の売上原価に組み込まれる形になります。
工場ではなく営業所や本社といったオフィスで減価償却費が発生した場合は製造原価報告書を発行しないため、そのまま損益計算書の中の販管費という項目に計上されることになります。